院長の気ままな日誌

澤院長が日々考えていることが見える日誌です。

過去ログ

過去ログ選択フォーム
表示ログ

経過報告

ステイホームのGW。まさか2年連続するとは、と思っている方も少なくないのではないでしょうか。このウイルスは想像以上に変異を繰り返しタフな奴だということです。一回目ワクチン接種から約一週間が経過いたしました。皆さん言われる通り接種から約一日は腕を挙げると少し痛みを感じました。その後は症状なく経過していましたが、接種6日目に針を刺した部位が黄色く変色してきました。痛みはありません。とほぼ同時に全身(二の腕、ウエスト、鼠径部、臀部、下肢)に食物アレルギー様の発疹ができ痒みを感じました。1日経過を見ても症状が続くので、市販の抗ヒスタミン薬を服用して症状は治まりました。これがワクチン接種による副反応なのかどうかはわかりません。もともとスギ花粉等のアレルギーがあって、以前海老天を食べて同じような症状が出たことがあるので食べ物由来かもしれません。今後も経過を見ていきます。ニュースを見ていると自分が今まで使ったことのない用語が繰り返すうちに標準的に使われるようになっていることに気づきます。ここ数年では「忖度」が有名です。森友問題で籠池さんが使うまで私は半世紀の人生で一度も使ったことも聞いたこともありませんでした。それがいつも間にやらみんな当たり前のように使っています。ここ最近では「人流」。意味はわかりますが、みなさん日常で使ってました?これを最初に聞いたのは小池都知事の発言でした。それから瞬く間にみんなが「じんりゅう、じんりゅう」と連呼しています。つくづく言語って生きているんだなと思い知らされます。ネット社会の現在ではその変化も加速度的に速いのかもしれません。私の人生終末期には日本人は意味不明の言語を話しているのかもしれません。

  • 2021年05月01日(土)10時42分

新年度

年度が改まりましてはや半月以上が経ちました。新生活をスタートされた方も多いのではないでしょうか?大学生活をスタートした人も多いでしょう。コロナ禍での生活実態が頻繁に報道されています。もうウン十年前になりますが、私も専門性の高い学部でカリキュラムもタイトでしたが、講義と勉強以外の時間は比較的自由で好き勝手にしていた記憶があります。それを思えば今の状況は気の毒に思えます。しかし、現状は現状で受け入れて工夫をしている現在の学生さんは偉いと思います。頑張ってほしいものです。医療機関窓口でのマイナンバーカードを利用した顔認証による保険資格確認は、当面延期になりました。当初から当院では顔認証システムの導入についてはしばらく見送る予定でした。政府主導でおこなうIT事業は、コロナ接触確認アプリ「COCOA」で前例があるように信頼性をかなり失っているのではないでしょうか。顔認証システムは今年10月が導入目標だそうですが、(利用するのは国民ですから皆が周知納得できるタイムスケジュールを明示しないと)おそらく無理だと思います。まずはコロナ終息に全力を注いで結果を出さないと、全てはそこからだと思います。ということで、本日1回目のコロナワクチン接種に臨みます。以前免活の話の流れで風疹の抗体価について触れましたが、免疫力だけは自信があります。機会があればまた報告いたします。

  • 2021年04月22日(木)08時06分

変化

最近当院では、半導体レーザーを導入しました。いろいろと応用範囲は広く役に立っています。もともと極力抜歯は避けて、歯を保存する主義です。その方針にも一役買ってくれそうです。もう一つ、歯周病で失われた歯周組織(歯を支えている骨など)を再生する薬(医薬品)も使用開始しました。数年前から販売はされていたのですが、つい先日旧知の先生のウェブセミナーを受講して感銘を受けて即導入することに決めました。なんでもかんでも再生可というわけにはいきませんが医薬品扱いで保険適応ですので十分説明を行ったうえでチャレンジしていこうと考えています。ここ数年、食の嗜好が変化していることを感じます。以前は飲料水は炭酸が大好きで、甘味はあんこが嫌いで洋菓子派、ひじきも大嫌いでした。現在は炭酸飲料はほぼ飲みません(アルコール飲料は別)。あんこ大好き。ひじき煮もとてもおいしく感じます。加齢とともに体が欲しがる物も変化していると感じます。

  • 2021年03月25日(木)09時20分

投資

花粉症がつらい季節となりました。この季節マスクをしていたら、あぁこの人花粉症なんだろうな、と思いますが、今はマスク姿がスタンダードなので見分けがつきません。さて、皆様は投資と聞いて何を想像されるでしょうか。一般的にはお金を動かす株式投資、FX、仮想通貨、不動産などを思い起こします。最近、歳のせいか結局健康で元気に働けることが一番だと思うようになりました。つまり最大の投資は健康だと考えています。いかがでしょうか?もちろんご病気をされている方が投資に失敗しているというわけではありませんよ。ジェンダーレスが叫ばれる世の風潮ですが、私は人間のより根本的な物は女性に帰属すると思っています。考えてみれば、一つの受精卵が細胞分裂によって卵割を繰り返し一人の人間の赤ん坊になって出生する間に約2兆個の細胞数に達しています。脳神経細胞に至っては生まれた時の細胞数は成人のそれと同じです。このイベントが母親の胎内で起こっているのです。すごいですよね、母親は偉大なのです。母国、母星、母船、母校など熟語を羅列しただけで母親が根源的であることがわかります。神様は女性のこの偉大さと少しでもバランスがとれるようにと男性に力を授けたのではないしょうか。だからこそ男性の持つ力は女性を守るために使われなければならないのだと思います。ジェンダーレスはただ単に人間を男女の性差なく扱うという意味とは少しニュアンスが異なる気がします。

  • 2021年03月01日(月)17時18分

特殊能力?

これまでに何度か体験したことですが、何か悩んでいたり、迷っていたりする時、ふと解決の糸口になるような本などに出会うことがないでしょうか。つい先日も本屋さんで新書コーナーにずらりと並んだ本の背表紙を眺めていた時、最近気になっていることそのものズバリのタイトルの本が目に飛び込んできました。まるで本の方が読んでくれと言わんばかりにです。即決で中身を見ることなく買いました。言うまでもなく大変役に立ちました。このような引き寄せの力も含めて人間には元来特殊能力が備わっていたという論があります。残念ながら成長とともに能力は失われていくのですが・・。あるTV番組で東大生だったと記憶していますが、写真記憶という能力を持った学生さんが出演していました。その学生さんは本を10秒足らずの間じっと凝視してそのページを画像として記憶できるそうで、後で内容について質問するとほぼ正確に答えられていました。努力に努力を積んで東大に入学した学生さんは周囲の同級生の能力を目の当たりにして自分の平凡さに愕然とするそうです。まあ努力を継続することも一つの能力だとは思いますが。

  • 2021年02月21日(日)14時44分

五輪はどうやら

まずは昨夜遅くに発生した地震について被災された方にお見舞い申し上げます。東日本大震災から10年の節目で、2013年当時被災された方も多数いらっしゃると思います。かつての体験がフラッシュバックされて、さぞ恐ろしい思いをされたことでしょう。気象庁が言うには今回の地震も東日本大地震の余震とのこと。10年たってもこれだけの規模の余震があるなんて、あの大地震はどれほどのすさまじさだったのかあらためて思い知らされます。
さてこのタイミングで森さんの失言問題による引責辞任というドタバタ劇です。もともと失言癖のある森さんのこと、ある程度の失言は組織委員会、JOC、政府も承知の上だったはず。森さんも女性蔑視の意図は全くなかったとのこと、これは森さんの真意なのではないでしょうか。世間をみれば五輪中止の風潮が大半を占めてきたように思います。もし中止ということになれば大損害は言うまでもありません。そこを最悪の結果になったとしてもソフトランディングさせるために、森さんに責任の一端を負わせようとする組織の意図が見え隠れするように見えるのは私だけでしょうか。しかし、選手のことを思えば心苦しくて言葉も出ません。野球、サッカーなどの五輪よりも大規模な世界大会が行われるスポーツ選手はともかく、五輪だけを目指して努力してきた選手の気持ちのやり場はどこへ向ければよいのでしょう。

  • 2021年02月14日(日)10時59分

ワクチン

ついに届きました、新型コロナのワクチン申込書。直接感染者に接触する可能性の高い医療従事者優先で歯科医療従事者はまだ先かと思っていました。接種の段取りもあるので接種希望者の数を把握しておきたいとの思惑でしょう。個人的には、もう少し慎重に対処したいというのが本音です。しかし、「安全安心な医療提供に心がけています。」とHPでうたっている以上、患者さんの安心の担保として接種すべきではないかと思います。インフルと違って無症状でもウイルスを媒介する可能性が高いので、ここは勇気を出して、、というところでしょうか。経過はまた報告いたします。

  • 2021年01月28日(木)10時01分

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。誰が読まれているのか、誰に対して挨拶しているのかはわかりませんが、ひとり言なのでまた今年もブツブツと言いたいことを言っていきます。さてお正月気分冷めやらぬうちに、ついにというかやっとというか緊急事態宣言が発出されました。今回は首都圏一都三県に対してですが、すでに全国に蔓延しているようにも思われます。一人一人の日常の行動がいずれ結果をもたらしてくれると思います。なかには陽性判定を受けても行動を律しない方もいらっしゃるということで、我慢ばかりでうんざりですが、罰なき罪を犯すのはもう止めましょうと言ってあげたいです。今年もしばらくは基本的な感染対策をとりつつ、内面からも感染に強いからだを作っておくように心がけたいと思います。感染に強いとはいわゆる免疫力アップではないかと思います。なかでも免疫力の肝は腸活と考えています。今私が心掛けているのは玄米食と乳酸菌摂取です。主食のお米はすべて玄米で食しています。ここ数年は外食は別にして玄米しか食べていません。つまりコロナ前から腸活していたことになります。もう一つは市販はされていませんが免疫力アップに最強と言われている(私がそう思っている)乳酸菌サプリメントです。世に百花繚乱のごとくサプリメントはありますが、これは自分の体で実証しているのでこれからもずっと続けていこうと考えています。私の腸活(免活)はこの二本の柱です。

  • 2021年01月10日(日)19時19分

今年最後です

皆様、今年一年どんな年だったでしょうか。ほぼ全員の方が今年は新型コロナ抜きには語れない一年だったのではないでしょうか。毎日毎日コロナのニュースを聞いて一喜一憂しながらあっという間に過ぎ去った一年だったでしょう。これほどまでに多くの人が同じことに思いを致した一年もなかったのではないでしょうか。それだけに来る年もまだまだこの話題は続いてゆくのでしょう。そして人類は新しい価値観を持って一歩を踏み出してゆくのかもしれません。その先に光り輝く幸あらんことを願ってやみません。私は最近経験したことから実感したことを一言で表現して一年を締めくくります。『施は巡る』。今年一年ありがとうございました。

  • 2020年12月29日(火)16時00分

時間泥棒

規制緩和に伴って、電力が自由化され数多の電力供給会社から営業電話がかかってきます。当院も中国電力と直接ではなく別の会社と契約しています。営業電話がかかるたびに説明するのは面倒です。また電話会社からもしょっちゅう電話がかかってきます。アナログ回線から光回線に変えろという内容です。当院はテナントなので以前調べてもらったら結構な工事をしないと駄目なようで、今のところアナログ回線でも困ってはいないので、いつも毎回お断りしています。これまた取り扱っている会社は五万とあるようで毎回毎回事情を説明しないといけません。これらもろもろに対応している時間を足し合わせると相当な時間になるでしょう。まさに時間泥棒にあった気分です。
最近の菅首相の態度には若干いらだたしさを禁じえません。医療サイドからのあれだけ悲壮感漂う叫びを聞きながら、今だGo toありきの姿勢はどうなんでしょうか。もはや医療従事者に命の取捨選択を迫っているのと同様です。「コロナ患者を見殺すか、重篤な全身疾患、怪我の患者を見捨てるか。選んでください、あくまであなたの責任で。」と言っているように聞こえます。

  • 2020年12月13日(日)10時32分

災い

先週一週間は個人的に災難でした。椅子があると思い込んで座ると椅子がなく、硬い床の上にしたたかに尻もちをついてしまいました。ついた瞬間は人生で二番目くらいに痛くて思わず「痛--!!」と大きな声が出てしまいました。それから5日経ちますがいまだに痛いので、多分尾てい骨にひびが入っていると思います。ドラッグストアでロキソニンテープを買ったら店員さんに「病院でレントゲン撮られました?」と聞かれたので「ひびが入ってても、お尻をギプスで固定できないので自然治癒に任せます。」と返しておきました。そうこうしていたら、今度は自動車が故障してしまいました。高速走行中にエンジンが震えて警告ランプが点灯、肝を冷やしましたがなんとかやり過ごしました。早速車屋さんに連絡して症状を説明したところ、「4気筒のうち1気筒が壊れてるのでしょう。エンジンが再始動できれば、高速走行せずにそのまま乗って帰っても大丈夫でしょう。」と即座に診断してくれました。その時どんなに安堵したことでしょう。この経験をもとに、私も診療にあたって患者さんが不安になっていることに対して的確に診断することが、どれだけ患者さんに安心感をあたえることができるだろうかと勉強になりました。

  • 2020年11月29日(日)08時50分

エンディングノート

先日エンディングノートなるものを書店で購入した。私もおそらく人生の半分以上は消化してしまっていると思われるのでここらへんで思いつくまま少しづつ記入していこうということで。ページをめくってみるとすべて記入するとかなりの情報量になるかもしれない。とりあえず名前と記入開始の日付を書いた。本編への記入は鉛筆が望ましいと思った。自分の記憶を頼りに書いていくので、追記したり修正が自由にできるように。まあ遺言ではないので気楽に落書き感覚で、と思っている。とは言っても平均寿命まで生きるとは限らないし、人生の真坂(今は人類がコロナ禍の真坂を経験している)はまだあるだろうし、備えあれば・・・・・といったところです。エンディングノートといえばもし作れば世界でも最高レベルの内容になるトランプさんは今だ敗北宣言しないままですが、バイデンさんも「次期大統領予定者」という肩書のままです。7千万票以上を獲得して負けたのですから、支持されていないわけではありません。そのへんを取り巻きたちがなだめすかして本人を納得させて、なんだったら4年後のリベンジに向けてそそのかすなどして決着を早めにつけてほしいものです。岡山県、現在コロナ感染者急増中でついに通算500人突破してしまいました。200人になるまでが7か月を要して、11月の1か月足らずで300人以上増加しました。何か政府の態度をみても「医療崩壊さえしなければ感染者の増加はある程度仕方ないこと」と言っているようです。インフルエンザと同等に考えているような気がします。ワクチンもいまだ実用化されていませんし、専用の特効薬もありません。回復しても後遺症が残る場合もあるようです。全然別物です。もう一人一人が自分の身を守っていくしかないようです。テレビで識者が「マスクが最も有効なワクチンだと思ってください」と言っていました。

  • 2020年11月23日(月)16時33分

雑感

米大統領選の候補者同士の誹謗中傷合戦にはうんざりです。世界のリーダーを自負する国がこれです。日本の国会でもよく非難の応酬ではなく政策を議論しましょうと言われますが、まだましなほうかもしれません。菅首相就任から1か月がたちました。官房長官時代は温和な感じを醸し出していましたが、首相になったらなかなかの強硬派のようです。たしかあと1年くらいでまた総裁選があるようですが、短命政権で終わるのかどうか注視したいところです。個人的には石破さん推しだったのですが、世あたりがあまりお上手ではないようです。女性が最も美しくなる時期はいつ?でしょうか。私個人は子供をおなかに宿した時ではないかと思います。40歳を超えた知人女性が妊娠されたと聞いてふと何人目のお子さんですかと尋ねたところ「初めてです」とのこと。長年、遠方の病院へ通い不妊治療をされていたそうです。それを聞いた瞬間その女性から美のオーラを感じました。新たな命を宿した女性には神々しささえ感じます。しかし、決して子供を産まない女性が美しくないということではありません。生き方は千差万別です。誤解されませんように。

  • 2020年10月25日(日)19時07分

費用対効果

メタボ健診と指導に数百億円の予算が計上されているそうです。しかし、メタボ健診を受けた人とそうでない人の効果の差がなかったと報告されていました。無駄かどうか断定的ではありませんが、世の中結構無駄が多いと思います。トランプ大統領の早期退院、支持が劣勢で選挙まで一か月となれば焦る気も理解できますが、命を大事にしてほしいですね。世論もあまり好意的ではないような気がします。エドワード・ヴァン・ヘイレン氏の死去が報じられました。永く闘病されていたようですが、音楽界には大きな損失です。かつてギターヒーローという言葉の先駆者だったのではないでしょうか。それまでのギター奏法の概念を根底から変えた人だと思います。彼が脚光を浴びたのが1980年代で、それ以降のギタリストはほぼ例外なく彼の影響を受けていると言ってもいいでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

  • 2020年10月07日(水)22時39分

28日は休ませていただいております。

ほぼ毎月28日を休診にさせていただいております。私の実家の都合です。父親もめでたいのやらどうかわかりませんが満で傘寿を迎え、なかなか体も覚束なくなってきております。いわゆる今どきの言葉では「フレイル」と申します。患者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうかご容赦ください。父親の姿を見ていると私も果たして何歳まで現役歯科医師業を続けられるか、とふと考えてしまいます。フレイルになったら困難だと思います。「いかにフレイルを回避するのか」これがこれからの人生の喫緊の課題ではないかと思います。相次ぐ順風満帆(はたから見て)な有名人の自死。何か連鎖反応のような現象です。思い悩んでの結果というのではなさそうな、突発的・衝動的行動のような気がします。これもコロナ禍の副産物なのでしょうか?副産物と言えば外食する機会が減るに伴い、宅配サービスが重宝されているようですが、某外食チェーンの宅配サービスに係る社員さんの勤務条件についてニュースになっていました。残業時間が月175時間、手当は一定額で給与は26万円、、、、壮絶すぎます。さすがに労基署へ駆け込んだみたいですが、かつて超ブラック企業として有名になったこともあり、たたかれまくっておとなしくしていたようですが、やはり企業体質は変わっていなかったようです。某医科大学経営難のため6年間で1200万円学費増額なんてニュースもあります。親御さんのことを考えると脛が痛みます。6年間通算で総学費4500万円越えです。あと生活費もかかりますから私には想像もつきません。

  • 2020年09月28日(月)17時53分

新しい様式

コロナ禍の中、講演の様式も変わってきました。以前は会場を借りて対面式で行っていたセミナー・講演会はことごとく中止延期になっていました。ここ最近ではWebセミナーの形式をとる講演会も増えてきました。これがなかなかいいなと思いました。会場へわざわざ足を運ばなくてもいいですし(遠方だと交通費が受講料より高いなんてことも)、中には一定期間内であれば、いつでも何度でも繰り返しセミナー動画を見ることができる講演もあります。通常講演会は原則、撮影録音禁止の場合が多くて聞き逃すまいとメモを取ることに集中してしまい、逆に講師の大事な言葉を聞き逃すなんてことも起こります。ところがWeb形式なら大事なところは繰り返し聞けるのでメモを取らなくても頭に叩き込むことができます。あと、Web形式だと会場開催に比べて普段会わない、いやあまり会いたくない人に遭遇して作り笑いで愛想を振りまく必要もありません。つまり怨憎会苦から解放されるのです。このようにWeb形式ではその欠点があまり見当たらないように思います。これからコロナ禍後も講演会は会場開催版とWeb版の並行開催がスタンダードになっていけばよいのではないでしょうか。

  • 2020年08月23日(日)09時20分

共通の敵

広島、長崎の原爆慰霊祭での首相の挨拶がほぼ同一文章だったと話題に。同じ思いを致した結果ということかもしれません。が、もう少し配慮があってもよかったのかもしれませんね。人類は今でも国家間、民族間でけん制しあっています。今は共通の敵(ウイルス)の脅威にさらされています。今こそ人類はわだかまりを捨て、手を携えて共通の敵と闘わなければいけないということではないでしょうか。ビル・ゲイツ氏もかつて将来人類にとって脅威となりうるのは「核」ではなく、「ウイルス」だと語っていました。ここ最近は日本政府の態度は静観を決め込んでいるように感じます。日々感染者は増加し高齢者にも感染が広がっているにも拘らず重傷者は増加していません。もしかするとウイルスは易感染ではあっても弱毒に変異していることを突き止めているのかもしれません。ワクチン開発を急ぎながら、集団免疫獲得へと方針転換しているのでしょうか。いずれにせよ感染対策に万全を期すのは言うまでもありません。高校野球交流試合が開幕しました。球児の皆さんの気持ちを思うと熱きものがこみ上げてきます。

  • 2020年08月10日(月)09時56分

乱文

つい先日風疹ワクチンの予防接種の案内が届いていました。記憶をたどると確か中学生の時に罹って学校を欠席したことを思い出します。小中高とほぼ皆勤だったため、よく覚えています。とはいえ約40年前の話でさすがに抗体価も低くなっているだろう。それと妊婦さんも受診されることが多いですので感染させてはいけない。ということで血液検査を受けました。ワクチン接種基準抗体価は6.0未満です。注目の結果は128以上ということで、中学生の時罹患した発疹性の病気は風疹で、いまだ高抗体価を維持していました。
政界、野党がまた合体しようとしています。もともと寄せ集めで始まった政党なのでうまくいくわけないのではないでしょうか。合体、合流ではなく政党の魅力でどんどん加入してくる、そして大きくなるようでないと。また何やってんだか、ということになります。
明るいニュースもありました。藤井聡太棋聖の誕生です。もちろん才能も計り知れませんが、人間の可能性の大きさに驚愕させられます。これからも数多の伝説を作っていくのでしょう。
若く才能あふれる俳優の自死というニュースもありました。人間オギャーと生まれた時から死を目指して前進しているので、いつかはそういう時が訪れるのですが、わざわざこちらから寄せていかなくても。残念です。ご冥福をお祈りします。
ここ数日コロナ感染者が岡山市でも増えてきています。人の移動が解禁された結果なので当然と言えば当然の結果ですが、いい気持ちはしません。新しい生活様式を心掛けていくしかありません。Dr.David Priceの感染予防の4つの心得を紹介します。近隣の開業医の先生に教えていただきました。1.手洗い。2.何か触った後で顔(目、鼻、口)を触らない。3.マスクをする。4.人と会わない。人との距離を1.8mあける。
商業施設へ行くと手指消毒用のアルコールを置いてますが、皆さん入る時に消毒されています。これも大事ですが、出る時も消毒しましょう。何か触っているはずですから。

  • 2020年07月19日(日)17時03分

長雨

今年の梅雨の長雨は九州をはじめ全国各地に被害をもたらしました。ここ最近は毎年どこかで豪雨被害がおきています。私は毎年ささやかながら、ふるさと納税をしているのですが、前年までの被災地が復興する前にまた新たな地域が被災するということがここ数年繰り返されています。今年もわずかではありますが、ふるさと納税を通して寄付させていただこうかと思います。「線状降水帯」なんて気象用語はほんの10年前くらいは存在しなかったように記憶しています。やはり地球規模で環境保護を考え、実行していく必要性を実感します。買い物時のレジ袋有料化が始まりました。個人的にはレジ袋削減が直接環境改善につながるとは思っていませんが、国民の意識付けには良いことだと思います。私も最近は買い物するときはマイバッグを持参しています。しかし喉元過ぎれば・・・ではないですが、またしばらくすると新しい方策で環境問題への意識を喚起する必要があるでしょう。小泉環境大臣、最近表舞台に出てこられませんが活躍を期待しています。

  • 2020年07月16日(木)06時48分

ストロング系飲料

首都圏等ではまだじわじわ感染が続いていますが、ここしばらく新規感染者も出ていない地方都市に住んでいます。しかしまだ外での飲食には少し抵抗感があります。ということで時々お酒が呑みたくなった時には家のみになるのですが、前々から気になっていたことで、アルコール飲料のアルコール度数が高過ぎませんか?いわゆるストロング系飲料というやつです。かつてビール系でアルコール度数6%というのが発売になった時「うわ、アルコールきつ~」と思ったくらいです。ここ最近ではどうでしょう、お酒売り場に並んでいるのはアルコール度数9%飲料が幅を利かせています。個人的にはビールもチューハイも5%程度がベストだと思うのですが好みの問題なので別に文句はありません。と思っていたら沖縄のオリオンビールがストロング系飲料の発売を終了するとのことです。社長のインタビュー記事も載っていました。素晴らしい考えで勇気ある経営判断だと思いました。詳細はネット検索してください。

  • 2020年06月18日(木)15時53分
Web Diary